やひろ丸錦港

鮮魚仕入れ.com

株式会社やひろ丸

 

やひろ丸は鮮魚流通のプロ集団です。

株式会社やひろ丸は、飲食店様専門の産直鮮魚の流通会社として、宮崎県下5つの漁港を中心に、生産者(漁師)から直接仕入れた近海どれの高品質な鮮魚を、首都圏を中心とした百数十店舗の飲食店様に、毎日、お送りしています。
代表の矢部知勢は、宮崎の漁師の家に生まれ、JF全漁連(全国漁業協同組合連合会)で10年のキャリアを積んだ後、新たな水産流通システムを構築すべく、当社を設立しました。時折、生家の定置網船に乗り込む現役漁師でもあります。
またスタッフには、元JF全漁連職員、仲卸経験者等がいることに加え、宮崎・青島の当社流通センターで活動する鮮魚事業部の若きチームが、日々漁港を回り、また時に漁に加わり、目利きを養っています。
株式会社やひろ丸は「鮮魚流通のプロ集団」として、確かな目利きによる、最高の鮮魚と最高のサービスを提供して参ります。

代表ご挨拶

やひろ丸は全国の漁業者の方々と提携し、新鮮な旬の魚介類を消費者の皆様へお届けします。
漁師は大海原に船を出し、命をかけて魚を獲ります。浜では、鮮魚流通のプロが、水揚げされた魚に活き締め等の処理を施し、徹底した鮮度管理のもと、消費地に送り出します。そうして消費地に届いた魚は、プロ料理人の仕事によって「料理」として仕上げられ、最終的に消費者の「食卓」に振る舞われます。
「海」から「食卓」まで、全てのプロセスにおける最善の努力の積み重ねの上にこそ「うまい魚」は成立します。私たちは、獲れたての鮮魚を港で食す、その感動の味わいを、首都圏の消費者の皆様にお届けしたいと考えています。
最高の食材を最高の状態で食卓に届けるために、私たちは、産地と消費地との橋渡しを行い、食のバリューチェーンが創出する付加価値の向上に貢献していきます。生産者の笑顔と消費者の笑顔をつなぐ、新しい水産流通の構築に努めてまいります。

株式会社やひろ丸
代表取締役 矢部 知勢

代表プロフィール

宮崎県出身。名古屋商科大学卒。1997年、全国漁業協同組合連合会(JF全漁連)へ入会。漁業資材、石油事業の従事し、魚病予防の指導員としても全国の漁港を廻る。2007年にJF全漁連を退職。同年、国産天然魚の付加価値向上を目指すべく、株式会社やひろ丸を設立。2012年、名古屋に直営飲食店「やひろ丸錦港」をオープン。時折、生家の定置網船に乗り込む現役漁師でもある。
日本おさかなマイスター協会認定「おさかなマイスター(一期生)」。

企業理念

会社概要

会社名
株式会社やひろ丸
設立
平成19年4月16日
資本金
2,000万円
代表者
代表取締役社長兼CEO 矢部 知勢
所在地

<宮崎本社>
〒889-2161
宮崎県宮崎市大字加江田4330-1
TEL・FAX:0985-65-2878
E-mail:info@yahiromaru.jp

<宮崎事務所(青島流通センター) >
〒889-2162
宮崎県宮崎市青島3-2-28
TEL・FAX:0985-65-2878

<東京支社>
〒170-0005
東京都豊島区南大塚3-39-3
TEL:03-5941-8663 FAX:03-5954-4081

<名古屋事業所(名古屋流通センター)>
〒460-0003
名古屋市中区錦3-12-22 新錦ビル2F
TEL:052-959-3711

事業内容
  • 卸売事業
    • ・水産物卸売事業
    • ・その他生鮮食品卸売事業(青果物、食肉等)
  • コンサルティング事業
    • ・飲食店経営コンサルティング
    • ・飲食店業態開発、店舗開発コンサルティング
  • 飲食事業
    • ・直営飲食店の経営

沿革

2007年4月
創業
水産物の飲食店向け卸売事業を開始
2007年4月
東京都豊島区に東京支店開設
2012年7月
宮崎県宮崎市に本社移転
2012年10月
名古屋市中区に直営店(居酒屋業態)「やひろ丸錦港」をオープン
2012年10月
名古屋事業所開設
名古屋エリアの飲食店への卸売事業を開始
2013年1月
資本金を500万円から2,000万円に増資
2013年6月
「やひろ丸錦港」ブランドの弁当通販を開始(「ごちクル」)

主要取引先

卸売先

国内

株式会社アクアプランネット
ブラッスリー&ワインカフェ
Buzz Marunouchi(東京丸の内)、Buzz Umeda(梅田)他
株式会社エスワイフード
居酒屋
世界の山ちゃん(名古屋)
株式会社崎陽軒
イタリア料理
イルサッジオ(横浜)他
株式会社グラナダ
イタリア料理
レスタジ(六本木)他
株式会社サンキューフーズ
居酒屋
漁師酒場やひろ丸(長野)、新鮮魚介酒場たぬき(長野)他
シーカフェ株式会社
イタリア料理
バッコ・タバッコ・エ・ヴェーネレ(大森)
株式会社絶好調
居酒屋
ろばた翔(新宿)他
TATSUYA KAWAGOE
イタリア料理
タツヤ カワゴエ代官山本店
株式会社ブレス
洋食・西洋料理/ビストロ
トランジット(京橋)他
株式会社プレミアムダイニング
イタリア料理
シルベラード(銀座)他
MONNA LISA
フランス料理
MONNA LISA 恵比寿店、丸の内店
株式会社元庄屋
居酒屋
炉ばた庄屋(松本)

他 86社 97店舗(2014年7月現在)

海外

株式会社海神貿易
帝有限公司
帝エンタープライズジャパン株式会社

(50音順・敬称略)

仕入先

漁協系統団体

JF宮崎市(宮崎市漁業協同組合)
(宮崎県宮崎市青島)
JF宮崎漁連(宮崎県漁業協同組合連合会)
JF庵川(庵川漁業協同組合)
(宮崎県東臼杵郡門川町)
JF日向市(日向市漁業協同組合)
(宮崎県日向市)
JF川南町(川南漁業協同組合)
(宮崎県児湯郡川南町)
JF長崎漁連(長崎県漁業協同組合連合会)
JF福岡漁連(福岡県漁業協同組合連合会)
JF全漁連(全国漁業協同組合連合会)

メーカー・流通

有限会社まる哲水産
株式会社毛利
株式会社サン海苔
有限会社福岡水産
有限会社フレッシュミート日高
(順不同・敬称略)

事業内容

新しい産地直送モデルの確立を目指して
やひろ丸は全国の漁業者の皆さまと提携し、
新鮮な旬の魚介類を飲食店の皆さまのもとにお届けします。

私たちは、全国の漁業者と提携し、従来の市場流通とは一線を画す、漁師と消費者を直接結ぶ新しい水産流通の仕組みを構築、売り手と買い手の間の取引を媒介する中間流通的な形態にとどまらず、流通全体の付加価値を高める存在になりたいと考えています。
目指すは食のバリューチェーンの生み出す価値の最大化です。

従来の多段階流通を簡略化し、流通コストを削減し、納期を早め、新鮮な魚をより安価に提供します。
漁業者と協力して、春夏秋冬・四季折々の旬の素材をお客様のご要望に応じてきめ細かくご提供します。

やひろ丸の強み

漁師の目利き。
魚のプロである漁師や産地の仲買人が目利きした魚介類をお届けします。
朝採れ出荷。
魚介類はなにより鮮度が命です。やひろ丸の魚は朝採れ出荷が原則です。
旬のものへのこだわり。
”旬”という付加価値を最大限に引き出す食材提案を行います。

トレードマーク

トレードマークについて

魚釣りが大好きな少年が、家路につくところです。
その日に釣れた、たくさんの魚を携えて。
きっと家には、大切な人たちが待っています。
みんなの喜ぶ顔が楽しみなのでしょう。

大切な人に美味しい食材をお届けしたい――。
そんな私たちの思いがこのトレードマークに込められています。

大自然のなかでたくましく育つこの少年のように、
私たちもまた、経験と実績を積み重ねながら、力強く成長していきます。

プライバシーポリシー

株式会社やひろ丸(以下、「弊社」といいます。)は、弊社が提供する商品およびサービスを安心してご購入、ご利用できるよう、お客様の個人情報の取り扱いについて、細心の注意を払い、個人情報の管理、保護することの重要性を認識し、法令遵守および安全な取り扱いの維持向上を図ります。

個人情報の収集について
弊社がお客様の個人情報を収集する目的は、弊社が提供する商品およびサービスをご購入、ご利用いただくにあたり、お客様に必要または有益な情報をご提供するためです。お客様の個人情報は、利用目的の告知をし、お客様の同意を得たうえで収集するものとし、収集する個人情報の範囲は、目的を達成するために必要な限度を超えないものとします。
個人情報の利用
お客様よりご提供頂いた個人情報は、ご同意頂いた利用目的の範囲内で利用致します。
個人情報の利用の制限
弊社が収集した個人情報の利用は、適法かつ公正な手段により、当該目的に沿った必要範囲内で利用し、目的以外の利用は致しません。
個人情報の管理
お客様の個人情報を管理する際は、お客様の個人情報に関する法令、社内規定等を遵守致します。また、外部からの不正アクセス、紛失、破壊、改竄等の危険については、適切な対策を実施し、お客様の個人情報の保護に努めます。
個人情報の開示
お客様よりご提供頂いた個人情報は、あらかじめ、ご同意頂いている場合や業務を委託する場合、または、法令の規定や公衆の生命・財産など、重大な利益の保護の為に、必要な場合を除き第三者に提供または、開示することは致しません。なお、お客様よりご提供頂いた個人情報の取り扱いを委託する場合は、個人情報の安全管理を図る為に、委託先に対し、必要かつ適切な監督を実施致します。
個人情報の内容の変更と削除
お客様からお届けいただいたお客様の個人情報の開示、訂正、利用停止につきましては、合理的な範囲で、すみやかに対応させていただきます。

プライバシーポリシーに関するお問い合せはこちら